So-net無料ブログ作成
検索選択

たぶん1時間で完成 アップルパイ?タルト?っぽいヤツ [今日のお料理]

cookpadのいろんな人のレシピ寄せ集め+アレンジバージョンです。

材料:生地用  安物クッキーorビスケット  120g
        バター  50g
        ヨーグルト カレースプーン一杯

   上の具用 りんご   2個
        バター   70g
        砂糖    60g
        レモン汁  大さじ1/2
        ラム酒   キャップ1杯
        シナモンパウダー ちょっちだけ
pie01.JPG

まずリンゴ剥き  イチョウ型に切る
(ホントは別にどんな形でもよい)
pie02.JPG

鍋に砂糖と水大さじ2を入れて火にかける。
pie03.JPG
pie04.JPG

砂糖が溶けたら、バターも溶かす。
pie05.JPG
pie06.JPG

バターも溶けたら、リンゴ投入
(ジャガイモ炒め中っぽい)
pie07.JPG

少し火が通ってきたら、レモン汁投入
(今回は塩レモン 最初の写真のポッカレモンは何?)
pie08.JPG

リンゴが透明になるまで15分位かかるので、その間に生地作り
安物クッキーをバリバリ砕いてミキサーへ  粉々になるまで回す。
pie09.JPG
pie10.JPG

ボールに空けて溶かしバターを混ぜ混ぜ
(鳥そぼろ状態になる)
pie11.JPG
pie12.JPG
pie13.JPG

さらにヨーグルト投入
(しっとり生地になるように、量は加減する)
pie14.JPG

こんな感じなればOK。
pie15.JPG

リンゴがあらかた透明になってきたら、ラム酒キャップ1杯とシナモン3振りぐらい入れる
(量は適当だな)
pie20.JPG
pie21.JPG

こんな感じになればOK
(均等に火が通ってない方がよい)
pie22.JPG

ここらへんでオーブン余熱180℃。
pie23.JPG

型から出しやすいように、クッキングシートをだいたいぴったりサイズに切って敷く。
pie16.JPG
pie17.JPG

生地をドバっと型に入れて、ヘラで押し付けてならす。
(めんどくさい場合手でやっちゃえ)
pie18.JPG
pie19.JPG

そこへリンゴを流し入れて、ヘラでならす。
(ここは手でやったらヤバイ)
pie24.JPG
pie25.JPG

余熱が終わったら、オーブンへ。
とりあえず180℃15分で様子見[目]
今のうちに洗いものしておく[あせあせ(飛び散る汗)]

15分経過
焼きがイマイチ→さらに10分追加
pie27.JPG

ちょくちょくチラ見して、型のふちがパリってきたら時間前でも取り出し。
pie28.JPG

完成です。
pie30.JPG

粗熱が取れたら、冷蔵庫で一晩寝かす。
寝かせると、しっとりなじんできれいに切り分け出来ます。






関孫六 フレキシブルナイフ 165mm AB-5118

関孫六 フレキシブルナイフ 165mm AB-5118

  • 出版社/メーカー: 貝印
  • メディア: ホーム&キッチン



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

郵便局でチョコ購入 [etc.]

郵便局に速達出しに行ったら、窓口でチョコ発見[exclamation]
cho04.JPG

中身はキットカット。
裏にポチ袋がついてます。
知らなかったけど、もう何年も前からあるらしいです。
cho02.JPG

”…ポストに投函できません”[郵便局]
そりゃそうだが、郵便窓口で売っているのに紛らわしい[exclamation&question]
cho03.JPG

あとで柄が色々あることに気付いた[がく~(落胆した顔)]
cho04.JPG

キットカット使うなら、宛名を書けばそのまま送れる”合格祈願チョコパック”でもやればいいのに…

と思って調べたら、昨年まで切手を貼れば送れるきっとメールメールなるものがありました。
今年は無いのかな[exclamation&question]


サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08

サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08

  • 出版社/メーカー: サンコー
  • メディア: Personal Computers



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ブラックホットサンドメーカー 炭火で使ってみた [使ってみた]

愛用のブラックホットサンドメーカーを、炭火でもちゃんと使い物になるかやってみました。

まずは火起し[あせあせ(飛び散る汗)]
smb01.JPG

火加減良くなったら、ホットサンドメーカーを予熱します。
この時、マーガリンを薄く塗っておく。
smb02.JPG

実は空焚き禁止なのですが、加熱部全体に熱が回る程度であれば大丈夫そうです。
ガスでやるときも、いつもそうしてます。(そのほうがきれいに焼ける)
smb03.JPG

熱が回ったら、さっそく挟んで焼き焼き開始[exclamation×2]
焼く前に、パンの外側両面にマーガリンを塗るのを忘れずに…
こうすることで、外側サクサクの仕上がりになります。
smb04.JPG

ちょくちょくひっくり返しながら、焼き色チェック。
smb05.JPG

完成[exclamation×2]
炭火でも、きれいに焼くことが出来ました[ぴかぴか(新しい)]
これなら、キャンプで薪や炭の時も問題なしです。
smb06.JPG

さらにせっかく起こした火なので、焼きいもスタンバイ。
smb07.JPG

火力が落ちた残り火に投入。
smb08.JPG

じんわり焼いて、いい感じにできました。
smb09.JPG



Surluster(シュアラスター) カーコーティング剤 ゼロミラー 100ml S-98

Surluster(シュアラスター) カーコーティング剤 ゼロミラー 100ml S-98

  • 出版社/メーカー: Surluster(シュアラスター)
  • メディア: Automotive



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シーグラスでランプシェード [DIY]

シーグラスがだいぶたまってきたので、ランプシェードを作ってみました。
sgs01.JPG

まずは丸いタッパーを使い土台作り。
sgs02.JPG

数段重ねるとこんな感じです。
sgs03.JPG

あとはひたすら重ねていくだけ[あせあせ(飛び散る汗)]
sgs04.JPG

やっとここまで。
sgs05.JPG

たまに容器にあてて、まっすぐ積み上がっているか確認します。
sgs06.JPG

接着剤が固まるまでは次の段が積めないので、この高さになるまで2か月ほど経過しています。
毎日やっているわけじゃないけど…
sgs07.JPG

ここから上部のドーム部分を作ります。
内側に入る適当な円筒形容器を見つけその縁に乗るように積んでいきます。
[カメラ]のスポンジは全く関係ありません。
sgs08.JPG
sgs09.JPG

1段積むごとに、内側に少しづつずらして積んでいきます。
sgs10.JPG

ドーム型になったら完成です。
sgs11.JPG

内側から見ると、こんな感じ。
sgs12.JPG

LEDライトを入れて、点灯してみました[ぴかぴか(新しい)]
思ったより、それっぽく光っています[わーい(嬉しい顔)]
sgs13.JPG

そして天井には、隙間から漏れた光がプラネタリウムのように映ります。
[カメラ]はちょっとピンボケ[ふらふら]
sgs14.JPG

今回はちょっと歪な形になってしまいましたが、シーグラスの粒が揃っていれば、もっときれいに仕上がると思います。
細かいシーグラスで作れば、きれいな作品が出来そうですが…
根気がないとまず無理です[がく~(落胆した顔)]




イノマタ化学 かしこいバケツ17L グリーン

イノマタ化学 かしこいバケツ17L グリーン

  • 出版社/メーカー: イノマタ化学
  • メディア: ホーム&キッチン



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サビサビ包丁再生 [DIY]

サビサビの出刃と刺身包丁を発見[ふらふら]
tog01.JPG

だいぶ錆びてますが、まだいけそうです。
tog02.JPG
tog03.JPG

もったいないので、研ぎ直しです。
tog04.JPG

刃付出来ましたが、表面がすごいので耐水ペーパーで錆落とし[あせあせ(飛び散る汗)]
tog05.JPG

これが限界か[exclamation&question]
tog06.JPG

まぁまぁ良くなったかな…
切れ味はバッチリになりました[ぴかぴか(新しい)]
tog07.JPG
tog08.JPG






Surluster(シュアラスター) ボディーメンテナンス ネンドクリーナーソフト 100g S-83

Surluster(シュアラスター) ボディーメンテナンス ネンドクリーナーソフト 100g S-83

  • 出版社/メーカー: Surluster(シュアラスター)
  • メディア: Automotive



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー